手作りごはん
子犬の食事
須崎先生にメールをしてみた

著者: 須崎恭彦
2004年12月発行
せっかくだったので本の著者である須崎先生のいる須崎動物病院へメールで質問を投げてみることに。
ポイントとしては
 ・大型犬の成長のために特に必要な栄養素などはないのか
 ・積極的に食べさせたほうがいい食材は蛋白源以外にあるのか
この2点で聞いてみました。

数日後、スタッフの方からお便りを頂きました。
それによると。

幼犬〜成長期の大型犬の食事についてお尋ね頂きましたが、
院長の著書にご案内しているような栄養素を含んでいることは理想的です。
また、意図的に何か特定の食材を多く食べさせるというよりは、いろいろなものを食べていることが大切です。
本の中でご案内しているような食材を、日々、いろいろと取り混ぜながら手作り食を楽しまれてください。

特別な知識をもって取り組まれることより、毎日を美味しく、楽しく、長く手作り食を続けて頂くことが重要です。
是非、季節の手に入りやすい食材を取り入れて、ワンちゃんと旬のものを楽しまれてくださいね。

との事でした。
「ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん」では成長期の食事にはたんぱく質を成犬の1.5倍とあったので
それを目安に肉や大豆などを多く食べさせて、あとはいろいろな野菜をたくさん食べさせようと。
そんな感じのある意味適当でいいようですw
子犬の食事 感想はこちら!