ケイカネットTOPlifewithdog手作りごはん > 手作りスタート
手作りごはん
手作りスタート
移行期間前半
まずは、ウチに来てから2週間を移行期間とすることにしました。
最初は引渡しの時にいただいたフード中心にして、野菜を細かく切って煮た物を混ぜて与えることにしました。
フードの量は55g→70gへ増量、混ぜる野菜の量は大さじ1程度です。
野菜はしいたけ、ブロッコリー、にんじん、白菜、キャベツなどを細かく切って15分ほど弱火で煮込んだものです。

ウンチの状態は普通。コロコロして後が残らず、水分もある感じです。
おしっこは当初は濃い黄色で匂いも強かったのですが野菜をあげるようになってから薄い黄色になり匂いもほとんどしなくなりました。
口臭も減ったように思います。

ここまでで10日ほどです。
ウンチ等のトラブルはありませんでした。
移行期間後半〜完全移行
11日目からは本格的に移行するためにフードと手作り食を半々にしたものに変更。
内容も今まで野菜だけだったものから、ごはんとお肉が入ったものに変えました。
配分の内容は

  • 肉(豚肉や鶏肉、馬肉などその時々で混合)…200g
  • ごはん…100g
  • 野菜…2つかみぐらい
  • ごま油…少々
  • にぼしと昆布をミルサーで粉末にしたもの…小さじ1

これをひたひたに水をいれよく煮て100gとフード35gを4日間与えました。

この段階ですこしウンチは緩め。
おしっこは変わらず。

14日目はフードをなしにして160g、上記の内容のものを与えました。
ウンチの状態はやわらかく少量に、おしっこの量は薄いものに変わり回数も多くなりました。
おそらく14日目の朝は水分の多いおじやにしたからと思われます…
昼、夜は水分量を抑えた馬肉の赤身と内臓中心のごはんに変更。
夜は相変わらずやわらかく黒っぽいウンチが少量でしたが、15日の朝には少し硬くなったウンチに変わりました。

消化不良の傾向があるのでごはんを130gに減らし今まで与えていた野菜を煮た物を大さじ1加えて様子を見ることにしました。
移行期間はウンチがゆるくなることは良くある事らしいのでこのまま3日ほど続けてみます。
一旦中止
数日間上記の内容で様子を見ていたのですが、ウンチが一向に安定しないのとちょっと元気がなくなってきちゃったので 一旦フードと平行した内容に戻すことに。

なので、現在はフード75gと上記内容のおじやを100gほど与えてます。

ウンチもいい感じなので数ヶ月これを続けて体を十分に慣れさせてからまた移行プログラムを開始しようかなと思ってます。

ドライフードだけだとどうしても摂取する水分量が少なくなってしまうので、できるだけ野菜スープなどを同時に与えて水分量は増やしてあげたい。 また、ドライフードだけだった時よりもおしっこの臭いやや体臭は少なくなった事は明確なので、それだけでも体のために効果はあると思ってます。

現在は何種類かおじやを作り置きして冷凍しているので、その時々によっていろいろな味をあげることが出来てます。
本来の目的の毎食バラエティに富んだ食事をさせてあげたいっていうのは出来ているのでまずはヨシって感じです。

手作りスタート 感想はこちら!