ケイカネットTOPlifewithdog成長記録 > ブリーダー探し
ブリーダー探し
困った時はgoogle先生
物事の第一歩は目の前にある箱で。google先生に相談。
という訳で、「ゴールデンレトリバー」で検索。
そこから、他のキーワード: ゴールデンレトリバー ブリーダー でさらに検索結果を絞り込み。
この時点で関東圏にあるブリーダーを4箇所ぐらいピックアップして、
さらに掲示板形式で告知しているサイトを2箇所ほどウォッチする事にしました。

この時ウォッチするサイトを絞り込んだ理由は
  1. 事務的に繁殖させているのではなく命あるものとして扱っている事
  2. ゴールデンを専門に扱っている所
  3. 頻繁に更新されている事
  4. きちんとサイトが作られている事(デザインや構成の面で)
この4つです。

1に関してはさすがにここはちょっと…というところはなかったのですが
(まぁ、商売ですからwマイナスイメージは隠すのが普通ですしね)
2番目はゴールデンに関してプロフェッショナルな所の方が健康管理などもより安心できるだろうという理由です。
3番目は現在の事がわからないとどうしようもないからと、
サイトをほったらかしにしている会社はいい加減な所が多かった職業上の経験からです。
そして4番目。これが理由でブックマークしなかった所が多かったです。
実は、決めたブリーダーさんも最初はそれが理由でこのリストから外していました。

サイトの更新頻度や制作的な面を選択条件の中に入れた理由ですが、
職業柄、取引先を選ぶ時に重要視する基準としてwebサイトの充実度を見てしまうというだけです。
普通は参考程度、ぐらいでいいと思います。。

そして、しばらくそこで絞り込んだサイトをウォッチしていたのですが
ある時それ以上の重要なポイントに気付きます。

ブリーダーを決める
1ヶ月ほど見ていると大体の相場がわかってきました。
下は10万前後、血統のいいイギリス系やオーストラリア系ゴールデンになると30万近くで出ている事も。
うーん、なかなか幅が広い。

また、告知と同時に写真も載っている事が多いのですが、
1ヶ月間見続けても、その写真から、健康なのか、どういう毛色なのかなど
この子でなくちゃいけない!や、この子はおかしい!というような
決定打になるような違いはわかりませんでした。

この時、気持ちの中では6割方神奈川にあるブリーダーさんに決めかけていました。
子犬の写真も多く、更新もよくされている雰囲気のいいサイトでした。
そこを第一希望にして、掲示板でお値打ち価格の子犬があればそっちにしようと思っていたのですが…

どうしても不安な事がありました。

それは、どこのサイトも犬たちの管理をしているオーナーの「人となり」が見えてこないのです。
さらに、その生活環境も見えてこないところがたくさんあり、そうすると父犬や母犬の「犬となり」もみえてこないのです。

先にも書きましたが、結局商売ですからマイナスイメージは出す情報を選べばいくらでも隠す事が出来るわけです。
ただ、たくさんの情報を開示しているとそうもいかず、素のままの環境がおのずと見えてくる。
それが本当の安心感につながるポイントじゃないかと。

そこで、絞込み基準を次のように変えました。
  1. 事務的に繁殖させているのではなく命あるものとして扱っている事
  2. ゴールデンを専門に扱っている所
  3. 頻繁に更新されている事
  4. オーナーの人となりと犬たちの生活環境がわかる事
4つ目の項目が加わる事で、リストは一変しました。
というか選択肢がほとんどなかったです。

大体は親犬の写真までは載せているのですが、どうやって暮らしているのかがわからなかったのです。
確かに最近のwebの傾向としては人の顔はなるべく載せないというのはあります。
ですが、これから子犬を迎えるとブリーダーさんとの関係はその子にとっての実家になり、
半ば親戚のような関係になるわけです。
これから長い付き合いが出来る所を、という基準で判断し、そうして見学を申し込んだのがブリーダーの『ぴーす』さんでした。

ぴーすさんのサイトの第一印象は自分たちで一生懸命つくったんだなーという感じで
他の所のようにプロのデザイナーが作ったサイトからは正直見劣りしてしまうことは否めないのですが
とにかく楽しそうなゴールデンたちの姿とオーナー家族の姿と、巣立っていった子犬たちの今の状況がてんこ盛りでした。
それがなんとなく、ここならば心身ともに健康なゴールデンに間違いなく会えるだろうという気持ちにつながったのでした。